介護のスキルアップ

【介護職員向け】正しいおむつ交換(オムツ介助)の手技とは?注意すべき点と負担を減らす方法も解説

おむつ交換は毎日行う介護業務の一つです。適切におむつ交換(オムツ介助)を行えるかどうかによって、利用者さんが快適に過ごせるかどうかが大きく左右します。
しかし、「おむつ交換が苦手で時間がかかる」「おむつの隙間から漏れてしまうことがある」などの悩みをもつ、介護職員もいるのではないでしょうか?
本記事では、おむつ交換の手順とコツや注意すべき点を解説します。また、おむつ交換の負担を減らす方法も合わせて解説しますので、「おむつ交換は腰に負担がありつらい」という方も、ぜひこのまま読み進めてください。

求人を紹介してもらう

介護のおむつ交換の事前準備

おむつ交換をスムーズかつ利用者さんに負担を与えずに行うには、事前の物品準備とおむつ交換に適した環境に整えることが大切です。ここからは、おむつ交換の事前準備について解説します。

必要な物品を用意する

おむつ交換に必要な物品は次のとおりです。

【おむつ交換に必要な物品】

  • テープ式おむつ・リハビリパンツ
  • 尿取りパット
  • 使い捨て手袋・エプロン
  • トイレットペーパー
  • お尻拭きシート
  • 陰部洗浄ボトル
  • 石鹸(陰部洗浄用)
  • 陰部清拭タオル
  • 手指用消毒液
  • 新聞紙・ポリ袋

以上の物品はあくまで一例です。
施設や病院により、用意できる物品は異なる場合があるので注意しましょう。

環境を整える

利用者さんと職員の両方に負担なくオムツ交換を行うには、おむつ交換に適した環境に整えることが大切です。おむつ交換の環境設定とは次のとおりです。

【おむつ交換の環境設定】

1.ベッドの高さを調整する作業がしやすいベッドの高さにすることは、職員と利用者さんの身体的負担の軽減につながる
2.カーテンやドアを閉める利用者さんの羞恥心に配慮するためにカーテンやドアは閉める
3.新聞紙やポリ袋を広げておく使用済みのおむつやペーパーなどをすぐに捨てられるように新聞紙やポリ袋は広げておく

事前の環境設定を忘れずに、スムーズかつ快適なおむつ交換を行いましょう。物品準備と環境設定が済んだらおむつ交換に入ります。おむつ交換の手順とコツは次の章で解説します。

介護のおむつ交換の手順とコツ

続いては、おむつ交換の手順とコツを次の項目に沿って解説します。

1.おむつを外す
2.陰部洗浄・清拭を行う
3.新しいおむつに取り替える
4.おむつと下衣を整える

なお、ここではテープ式おむつと仮定して解説します。

おむつを外す

おむつを外す手順は次のとおりです。

1.声かけをして失禁の有無を確認する
2.体位変換のために体位を整える
3.新しいおむつ・尿取りパッドを用意する
4.古いおむつを外す

それでは、一つひとつ確認していきましょう。

声かけをして失禁の有無を確認する

声かけもなくおむつ交換を始めたら、利用者さんは不快感を感じるでしょう。また、おむつという言葉に抵抗をもつ方もおられるので、「いまから紙パンツの交換をしますね」などの言葉を用います。汚染が見られたらおむつ交換を実施していきます。

体位変換のために体位を整える

おむつを外すためには体位変換が必要です。スムーズに体位変換ができるように、腕は両胸の前で組んでもらい膝は立ててもらいます。

新しいおむつ・尿取りパッドを用意する

新しいおむつと尿取りパッドを用意しておかないと、スムーズにおむつ交換が行えません。新しいおむつを広げて、漏れないようにギャザーの中にパッドを入れておきましょう。

古いおむつを外す

体位を整え、新しいおむつも用意できたらおむつを外します。おむつのテープを外し、前面と側面を開いておきます。そして次に、陰部洗浄・清拭を行っていきましょう。

2.陰部洗浄・清拭を行う

尿汚染のみであればペーパーやタオルでの清拭で十分です。便汚染などにより陰部に汚れが溜まっている場合は、石鹸とお湯を用いて陰部洗浄を行いましょう。肛門から性器の方向に陰部洗浄・清拭を行うと、尿路感染の原因となる可能性があります。性器から肛門にかけて陰部洗浄・清拭を行いましょう。
また、陰部洗浄・清拭は特に利用者さんにとって羞恥心を感じやすい工程です。適宜声かけを忘れないようにしてください。陰部洗浄・清拭を終えたら新しいおむつに取り替えます。新しいおむつに取り替える手順は次の章で解説します。

3.新しいおむつに取り替える

新しいおむつに取り替える手順は次のとおりです。

1.側臥位にする
2.古いおむつを丸めて差し込む
3.新しいおむつを古いおむつの下に差し込む
4.反対側を向きおむつを取り替える

それでは、順番に解説していきます。

側臥位にする

用意しておいた新しいおむつを利用者さんの近くに置き、「身体を横に向けますね」と利用者さんに声をかけましょう。立てた膝から横に倒して身体も倒していくと、スムーズに体位変換が行えます。

>>側臥位・右側臥位の記事

古いおむつを丸めて差し込む

側臥位になってもらったら、おむつの汚れ部分を包み込むように丸めて、利用者さんの身体の下に差し込んでいきます。

新しいおむつを古いおむつの下に差し込む

新しいおむつを差し込んだ古いおむつの下側へ、さらに差し込みます。この時に、新しいおむつが背中の中心にくるようにしてください。新しいおむつと背中の中心がずれていると、仰臥位になった際におむつがずれてしまいます。

反対側を向きおむつを取り替える

新しいおむつも差し込んだら、反対側に身体の向きを変えます。身体を反対側にしたら古いおむつを取り出し、ポリ袋の中に入れておきます。そして、新しいおむつを広げて背中の中心線がずれていないか確認しましょう。ずれていなければ仰向けになり、おもつと下衣を整える工程に入ります。

4.おむつと下衣を整える

仰向けになったら、

  • パットがずれていないか
  • おむつが中心にきているか
  • ギャザーが広がっているか

を確認します。問題なければ、おむつの側面と前面を閉じてテープをします。下衣を上げて整えたらおむつ交換終了です。それでは次に、おむつ交換で注意すべきポイントについて解説します。

介護のおむつ交換で注意すべきポイント

1.おむつ交換で注意すべきポイントは次のとおりです。
2.おむつのサイズが合っていない
3.中心線がずれている
4.動作ごとの声かけを大切にする
5.皮膚状態や便・尿性状を確認する
6.おむつを使用するメリット・デメリットを理解する

利用者さんへ負担なくおむつ交換を実施するために、一つひとつ確認しましょう。

おむつのサイズが合っていない

おむつのサイズが合っていないと、尿や便が漏れてしまう恐れがあります。また、おむつによる不要な圧迫やスレが生じてしまい、皮膚トラブルの原因にもなります。利用者さんにとって適切なサイズのおむつを用意しましょう。

中心線がずれている

中心線がずれていても尿や便が漏れてしまう原因となります。サイズが合っていないのと同様に、不要な圧迫なスレが生じて皮膚トラブルの原因にもなります。また、おむつのずれは利用者さんに不快感も与えるでしょう。

動作ごとの声かけを大切にする

おむつ交換は、利用者さんにとって「恥ずかしい」「申し訳ない」といった羞恥心や罪悪感が生じます。そのため、利用者さんを傷つけないように「お気になさらないでください」など、声かけをすることが大切です。
また、職員の表情や態度も利用者さんに伝わってしまいます。そのため、煩わしい表情や態度などを取らないように注意が必要です。利用者さんの立場を考えて、相手に寄り添った介護を行いましょう。

皮膚状態や便・尿性状を確認する

便・尿性状は、身体の状況を確認する一つの判断材料です。そのため、次のような項目を観察しておきましょう。

  • 便の固さ・匂い・色・量、血便や未消化物の有無
  • 尿の匂い・量・色、血尿や浮遊物の有無

また、陰部は便・尿の刺激などにより皮膚トラブルが生じやすいです。発赤や表皮剥離の有無なども注意して観察しましょう。

おむつを使用するメリット・デメリットを理解する

おむつにはメリットもあればデメリットも存在します。おむつのメリット・デメリットは次のとおりです。

【おむつのメリット】

  • 失禁に対する不安を軽減できる
  • トイレ動作など利用者さんの身体的負担を軽減できる
  • 介護負担を軽減できる

【おむつのデメリット】

  • 皮膚トラブルが生じる可能性がある
  • ADLが低下する恐れがある
  • 自尊心を傷つける恐れがある
  • 匂いの不快感を与えてしまう

おむつのメリット・デメリットを考慮して、おむつの使用を検討しましょう。おむつ交換の負担を減らす方法については、次の章で解説します。

介護のおむつ交換の負担を減らす方法

おむつ交換の負担を減らす方法は次のとおりです。

1.利用者さんに合った尿取りパッドを用意するパットと尿量が合わず尿もれすると、更衣やシーツ交換が必要となり利用者さんと職員の負担が増える。日々の尿量を確認して、利用者さんに合った尿取りパッドを利用する
2.ボディメカニクスを理解する身体の使い方を理解していないと、利用者さんと職員の両方へ負担がともなう最小限の力で介護ができるようにボディメカニクスの理解が重要である
3.排便コントロールをする排便回数や下痢便が多いと、利用者さんと職員の両方の負担が増加する。必要時、下剤や整腸剤を処方してもらい排便コントロール行う。

要介護者の羞恥心に配慮をしておむつ交換を行いましょう

おむつ交換の正しい手技と注意すべき点を理解すれば、利用者さんと職員の両方の負担を軽減できます。しかし、スムーズなおむつ交換を実施することも大切ですが、利用者さんへの配慮を忘れてはいけません。利用者さんが日々の生活を快適に送れるように、自尊心と羞恥心にも配慮しておむつ交換を実施しましょう。

「ミラクス介護」では、あなたの転職活動を求人紹介から入職決定まですべて無料でサポートさせていただきます。

ミラクス介護とは?

ミラクス介護の特徴

  • 介護職がおすすめする求人サイトNo.1(実施委託先:日本トレンドリサーチ 2020年1月実施:サイトのイメージ調査)。
  • 介護業界では最大級の求人数を保有しています。
  • 介護の専門知識を有するコンサルタントがサポート。

「ミラクス介護」に登録するメリット

  • 求人情報には載っていない、評判や施設情報を提供します。
  • 無料で履歴書・職務経歴書を添削します。
  • 無料で面接対策をサポートします。
  • 登録した方限定で、ご案内可能な求人があります。

上記の特徴のようにあなたの転職を全力でサポートさせていただきます!

伺った希望条件からピッタリの求人をピックアップすることやお給料・勤務時間などの待遇面の交渉などをあなたに代わって、弊社のコンサルタントが行います。きっとあなたが希望するお仕事を見つけることができます。

ご相談をお待ちしております!

ミラクス介護 無料登録